2020年代

受賞作とノミネート

受賞 ノミネート
2022 4月4日(月)昼間(日本時間)発表
  • ダンテ・ボウ ft ステファニー・グレッツィンガー&チャンドラー・ムーア
    (Dante Bowe ft Steffany Gretzinger & Chandler Moore)
    「ボイス・オブ・ゴッド」
    (Voice of God)
     動画→

  • ダンテ・ボウ
    (Dante Bowe)
    「ジョイフル」
    (Joyful)
     動画→

  • シー・シー・ワイナンズ
    (CeCe Winans)
    「ネバー・ロスト」
    (Never Lost)
     動画→

  • アンソニー・ブラウアン&グループ・セラピー
    (Anthony Brown & Group Therapy)
    「ヘルプ」
    (Help)
     動画→

  • エレベーション・ワーシップ&マーベリック・シティ・ミュージック
    (Elevation Worship & Maverick City Music)
    「ウェイト・オン・ユー」
    (Wait on You)
     動画→

2022年の全部門→
2021 ジョナサン・マクレイノルズ
(Jonathan McReynolds)

「Movin' On」

 動画→

 音楽配信(Amazon)→

Movin'on
  • メルビン・クリスペル3世
    「Wonderful Is Your Name」
     動画→

  • リッキー・ディラード ft ティフ・ジョイ
    「Release (Live)」
     動画→

  • ロドニー・ダークチャイルド・ジャーキンス
    「Come Together」
     動画→

  • トラビス・グリーン
    「Won't Let Go」
     動画→

2021年の全部門→
2020 カーク・フランクリン

「Love Theory」


 動画→
  • グロリア・ゲイナー ft ヨランダ・アダムス
    「Talkin' 'Bout Jesus」

     動画→
  • トラビス・グリーン ft ジェカリン・カー
    「See The Light」

     動画→
  • コリン・ホーソーン ft ナタリー・グラント
    「Speak The Name」

     動画→
  • ターシャ・コブス・レオナルド
    「This Is A Move (Live)」

     動画→

2019年の受賞作とノミネート

受賞 ノミネート
2019 トリー・ケリー ft カーク・フランクリン
(Tori Kelly ft Kirk Franklin)

「Never Alone」


動画(ライブ)→

試聴(Amazon)→
  • ジェカリン・カー
    (Jekalyn Carr)
    「Will Win」

     動画→
  • コリン・ホーソーン
    (Koryn Hawthorne)
    「Won't He Do It」

     動画→
  • ジョナサン・マクレイノルズ
    (Jonathan McReynolds) ft DOE
    「Cycles」

     動画→
  • ブライアン・コートニー・ウィルソン
    (Brian Courteney Wilson)
    「A Great Work」

     動画→

2010年代

2015年~2019年

曲名 アーティスト 動画
2019 「Never Alone」 トリー・ケリー ft カーク・フランクリン
(Tori Kelly ft Kirk Franklin)
公式PV
2018 「Never Have To Be Alone」 シーシー・ワイナンズ(CeCe Winans) 公式PV

動画
2017 「God Provides」 タメラ・マン(Tamela Mann) 動画
2016 「Wanna Be Happy?」 カーク・フランクリン(Kirk Franklin) 動画
2015 「No Greater Love」 スモーキー・ノーフル(Smokie Norful) 動画

最優秀ゴスペル&コンテンポラリー・クリスチャン音楽パフォーマンス賞

2010年~2014年

「最優秀ゴスペル歌唱・楽曲賞」の前進にあたる「最優秀ゴスペル&コンテンポラリー・クリスチャン音楽パフォーマンス賞」(Best Gospel/Contemporary Christian Music Performance)の受賞結果です。

曲名 アーティスト 動画
2014 ブレーク・エブリ・チェーン(ライブ)
(Break Every Chain (Live))
ターシャ・コブス
(Tasha Cobbs)
公式PV
2013 10,000・リーズンズ(ブレス・ザ・ロード)
(10,000 Reasons(Bless The Lord))
マット・レッドマン
(Matt Redman)
公式PV(歌詞&コード付き)
2012 ジーザス
(Jesus)
ル・アンドリア・ジョンソン
(Le'Andria Johnson)
公式PV(歌詞付き)
2011 グレース
(Grace)
ビービー&シーシー・ワイナンズ
(BeBe and CeCe Winans)
公式PV
2010 ウェイト・オン・ザ・ロード
(Wait On The Lord)
ドニー・マクラーキン ft カレン・クラーク・シェアード
(Donnie McClurkin featuring Karen Clark Sheard)
ライブ音源(歌詞付き)

2000年代

2005年~2009年

曲名 アーティスト
2009 ゲット・アップ
(Get Up)

公式PV
メアリー・メアリー
(Mary Mary)
2008 ブレスド&ハイリー・フェバリッド
(Blessed & Highly Favored)

公式PV
ザ・クラーク・シスターズ
(The Clark Sisters)
ネバー・ゴナ・ブレイク・マイ・フェイス
(Never Gonna Break My Faith)

ライブ動画(グラミー賞)
アレサ・フランクリン&メアリー・J. ブライジ
(Aretha Franklin & Mary J. Blige)
2007 ビクトリー
(Victory)

ライブ映像
ヨランダ・アダムズ
(Yolanda Adams)
2006 プレイ
(Pray)

ライブ動画
セス・ウィナンス
(CeCe Winans)
2005 ヘブン・ヘルプ・アス・オール
(Heaven Help Us All)

レイ・チャールズの遺作となったアルバム『ジーニアス・ラヴ』に収録された。 大物R&B歌手レイ・チャールズは、2004年の6月に亡くなった。 死の3か月前まで『ジーニアス・ラヴ』の収録に臨み、完成させた。 多彩なジャンルの人気歌手とデュエットするという趣向だ。

本曲「ヘブン・ヘルプ・アス・オール」では、グラディス・ナイトと躍動感あふれる歌唱を披露した。 このほか、ナタリー・コールとは、ジャズ風の曲調に乗って陰りを帯びた渋い歌声を披露。 土の香りが立ち上るブルースの神髄とも言えるB・B・キングとの掛け合いも見事だった。

70歳を超える年齢を感じさせない生命力みなぎる声と、年輪が刻まれた円熟の歌唱に圧倒される。偉大な足跡の終章を飾るにふさわしい力作と言えよう。

音声のみ
レイ・チャールズ&グラディス・ナイト
(Ray Charles & Gladys Knight)

ゴスペルとは

ゴスペルとは、かつて米国で苦難の歴史を歩んだ黒人奴隷たちがキリスト教の賛美歌などを独特のリズムや旋律でアレンジした音楽。 熱いリズムが魂に染み入る。 その親しみやすい旋律とだれでも合唱に参加できる手軽さが、日本のキリスト教会でもウケた。

20世紀前半に、黒人霊歌とジャズが融合してアメリカで生まれた宗教音楽。主に黒人の聖公会、バプテスト教会、メソジスト教会などで歌われてきた。現在ではアメリカの多くの教会で歌われるほか、世界に広まり、ポピュラーソングの一つのジャンルにもなっている。

日本のキリスト教会でも、ゴスペルの礼拝はおおむね評判が良いようだ。「一緒に歌うことで連体感が生まれます」「大きい声で歌うのは、解放感があって気持ちいい」と日曜日を楽しみにする信者も多い。一緒に来る子供たちも、歌うことに興味を持って、すぐ歌詞を覚えるそうだ。